Yoko Komatsu  小松陽子

福島県生まれ ピアニスト/作曲家

5 歳よりピアノを始め、武蔵野音楽大学、大学院にてクラシックピアノを学ぶ。 現在は自身でピアノアトリエFlussを運営。

2016年12月に1stアルバム「neumond」を発表。手売り中心にも関わらず、全国から取り扱いの依頼が相次ぎ500枚を完売。 これまでに太田美帆、荒木真、Janis Crunch、いろのみといった音楽家と共演。他にも翻訳家・柴田元幸、岸本佐知子、モデルの前田エマらの朗読にピアノで参加。写真家や海外アーティストとのコラボレーション、海外レーベルからの楽曲リリースも行っている。

近年はTK from 凛として時雨の制作やサポートとしても参加。 作曲活動としては阿部海太郎、haruka nakamuraらと並びVR映像の楽曲を制作 。国内外 で数々の広告賞を受賞した「 おくる福島民報 」に楽曲を提供するなど、活動の幅は多岐に渡る。

Yoko Komatsu

Born in Fukushima, Japan
pianist / composer.

Started piano at the age of five, then studied classical piano at the Musashino Music Graduate School in Tokyo.
While after graduation, to participate in a variety of gigs and recordings as a performer, and started composition activity. In 2016, started a piano atelier “Fluss” and Yoko Komatsu Piano School. In the same year, the piano album “neumond” has released.
Participation in the compilation album, short film, and providing music to video.  

Photo by Kasumi Osada

yokokomatsu.com all rights reserved.